このたびは当HPをご覧いただきありがとうございます。

埼玉県は野球、サッカー、バスケットボールを始め全国的にもスポーツの活発な地域であり、将来有望な子供たちが大勢います

スポーツは子供を心身共に成長させる素晴らしい活動ですが、一方で子供は成人と比べて未熟な骨をしており、スポーツによる怪我(障害)が問題となっています。特に能力の高い子供たちは身体にかかる負担が多く、周りからの期待も大きいためオーバートレーニングになりがちです。

子供時代のスポーツ障害の中には一生涯にわたって影響を及ぼすものもあります。スポーツで輝くはずの子供たちが、一生怪我と闘いながらスポーツを続けることになってしまいます。

その代表的な障害に、離断性骨軟骨炎(いわゆる野球肘)があります。

離断性骨軟骨炎(いわゆる野球肘)は痛みがなく発症し、いつの間にか症状が深刻になります。気づいた時には手遅れで、手術が必要になってしまいます。

私達はこのような不幸なスポーツ少年少女を少しでも救うため、スポーツ検診という形で活動を行っています。

今までは各病院ごとに実施していましたが、志を同じくする医師達が病院の垣根を超えて集まり、2020年にNPO法人を立ち上げました。

設立したばかりでまだまだ未熟な組織ではございますが、スポーツをする子供たちのために熱い思いをもった集団です、今後とも「埼玉スポーツメディカルサポート」をよろしくお願いいたします。

メンバー紹介

役職/氏名外来
理事長 
 吉村英哉川口工業総合病院
  水AM/PM
 木PM
 土AM
副理事長 
 藤井達也流山中央病院
  月AM
 水AM
 木AM
 土AM
 山田唯一川久保病院
  金PM
 白岡中央総合病院
  第一土AM
監事 
 榎本光宏えのもと整形外科スポーツ運動器クリニック(2021年春開業予定)